相談 体験談

相談1: どうしてタイミング法を行わないのですか?
回答: なによりも安全に、そして質の高い精子をご提供するためです。

 なによりも安全に、そして質の高い精子をご提供するためです。

 とりわけ、タイミング法の前に、依頼した方々が感染症検査を受けてくださっても、必ずしも感染していないことの証明にはならないからです。

 例えば、次の検査項目が該当します。

  • B型肝炎検査

    • B型肝炎ウイルスでは、感染後約2~3か月経過しないと、検査をしても感染しているかどうかわかりません。

  • C型肝炎検査

    • C型肝炎ウイルスでも、感染後約3か月ほど経過しないと、検査をしても感染しているかどうかわかりません。

  • ​梅毒検査

    • ​梅毒でも、感染後約4~10週ほど経過しないと、検査をしても感染しているかどうかわかりません。

  • ​エイズ検査

    • ​HIV ウイルスでも、感染後約3か月ほど経過しないと、検査をしても感染しているかどうかわかりません。

 加えて、一般の人が受ける感染症検査は、普通、スクリーニング検査です。

 これは、多くの人の中から疑わしい人を見つけ出し、より詳しい検査に誘導する検査です。

 スクリーニング検査では、「検査結果に異状がないこと」と「体に異常がないことと」が、直接結びつかない場合があります。

 したがって、検査により発見される病気も多くありますが、検査ではわからない病気も存在します。​

 その他、「依頼者様が受ける検査の結果は、万全ではない」という理由が挙げられます。

 例えば、郵送検査のために自己採取するケースです。

 検体が正しく採取できていないと、検査技師であっても、正しい検査結果が得られない場合があります。

 具体的には、血を染み込ませたろ紙血が、検査に必要な血液量に満たないことがあります。

 なお、精子バンク機関では、理想的な検査を保証するため、ろ紙による採血で、次の点を指導することしております。

  1. ろ紙の表から裏に通過するまで、十分な血液を染み込ませる

    1. ​そのために、お湯に手を入れるなどし、指先をよく温めます。

    2. 採血する場所をよくマッサージします。

    3. 針を刺した後は、手を心臓より下にして、ひじから指先まで絞るように血液を出します。

    4. 緊張により、血管が収縮してしまうと血液が出にくくなります。できる限りリラックスした状態で行います。

    5. ​指の脇(両側)から血液が採れなかった場合は、指の腹の方が血液が出やすい場合もあります。指の腹からも採血します。

  2. 同じろ紙に、再度血液を採る場合は、血液の染みていない場所に採る

    • ​なぜなら、重ね塗りした場合、ろ紙にしみ込んだ血液の濃度に大きなむらが生じる恐れがあるためです。

    • そのむらは、検査精度の低下につながります。

 もっと簡単に考えることもできます。

 感染症は、性感染症に限ったものではありません。

​​ 以上のように、精子バンク機関では衛生面において、細心の注意を払っております。

相談2: ドナーの方にお会いする前に、ある程度は、容姿を知りたいです。
回答: あいにく、原則として面談前にはドナーの詳しい容姿をお伝えしかねます。

 あいにく、原則として面談前にはドナーの詳しい容姿をお伝えしかねます。

​ ただ、顔体の均整は、精子の質と量に相関しているという研究報告があります。

 均整とは、言い換えればゆがみの少なさとも言えます。

 一例を挙げれば、特別なことをせずとも歯並びが整っていることです。

 そのゆがみの少なさは、香水など無しで、少なくとも悪い体臭はしないこととも、相関しております。

 また、男女の別なく、歌などに表れる声の良さとも、相関しています。

 結局、病原菌への抵抗力が高いなどで体の各器官が良好に発達してゆくため、異性として心地よく感じるようです。

 そのため、サプリなどを使用しない精液検査結果にて、精子の質と量が良ければ、相応の容姿などであると考えられます。​

 精液検査結果を、画像で証明しているドナーについては、その値を参考とされてはいかがでしょうか。

​​​​

2019年3月 追記

 精子提供者に対するご希望の外面・内面について、面談前によくお聞きして、ご紹介する精子提供者が明らかに満たせないようでしたら、必ずお伝えしております。

 時間と費用を要する面談への旅行前に、必ずありのままをお伝えしています。

 これによって、依頼側だけでなく精子提供側も、時間を有効活用できています。

 もし、譲れないご希望があるのでしたら、早目にお伝えいただくのも一案です。

 ご希望を満たせないことが明らかであれば、ご案内を終わりにすることもできます。

 これによって、お互いの時間を大切にできます。

 

 面談では精子提供者の家族の顔立ちを含めた外面も、写真でご紹介しております。

 次のようにおっしゃる方々もおられます。

  • K.A.さん

    • 正直に言えば、顔立ちを含めて、容姿が整った人から精子を受け取りたかったのです。

    • 依頼するうえで、学力や運動神経よりも外見に重きを置いていました。

    • 結果として、面談でそのことを確認できたから、精子バンク機関にお願いしました。

  • A.Y.さん― ご家族の容姿も、よかったです。

 あくまで外面に過ぎませんが、容姿についてはあまり心配なさらなくとも大丈夫かと思います。

相談3: 始めの問い合わせから精子の受取りまで、どの程度の期間を要しますか?
回答: 短くて1週間、長くて6週間を要します。

 短くて1週間、長くて6週間を要します。

 

​ 受取りまでの期間に差が生じるケースは、次のとおりです。

  • 依頼者様の不安が強いゆえに、お返事ペースが遅くなりがちとなったケース

    • ​迷いつつ、ご相談なさる方もおられます。

    • その場合、窓口担当が「依頼者様からのお返事」を催促することは、ありません。

    • ご自分のペースでお返事くだされば、十分です。

  • 手続きを終えて受取り可能になった日の、前日が排卵日であるケース

    • その場合、およそ4週間後の排卵日を見据えて、精子受取り日を決めます。

    • 通常は、受取りまでの手続きを2週間で済ませる方が多いです。

    • したがって、2+4=6週間 を要することとなります。

  • 多数の依頼者様から、メールが連日あるケース

    • 窓口対応に割ける時間が限られている平日に、多数の方が依頼のためにお並び下さっています。

    • したがって、普段の平日は依頼者様お一人に対しておよそ3日ごとのお返事となります。もしくは、土日・祝日ごとのお返事となります。

    • この事情から、お時間にゆとりを持ってご依頼できるよう、早めのご相談をお勧めしております。

 一方、依頼者様の行う手続き自体は様式化されており、とても簡単です。

 また、個人個人に合わせた対応が望ましいときは、そのための時間を設けて丁寧に応じています。

​ つまり、簡潔さと丁寧さを兼ね備えた、良質な窓口対応に努めております。

追記1

 上記のケースにおいて、精子受取りまでにお時間をいただくことがあり得ます。

 しかし、精子受取り以後は外部のドナーを用いた場合よりも、少ない周期で授かれるとお考え下さい。

 具体的には、精子バンク機関ドナーからの精液を用いた場合、次の傾向が見られます。

  • 35歳未満

    • シリンジ法で、​大半の方が1・2周期で妊娠

    • 1周期ではなく、1回の提供で妊娠なさる方もおられます。

  • 37歳未満

    • ​シリンジ法で、大半の方が5周期以内で妊娠

  • 43歳未満 

    • ​シリンジ法で6周期続けて、授からない方もおられます。

    • 高額な体外受精において、質の高い精液は貴重です。

 

 お問い合わせからお子さんを授かるまでの全体で、時間やお金のご負担軽くなるよう、努めております。

追記2

 返信に、早くても数日程度のお時間をいただくことは、次のことの裏返しでもあります。

  • 窓口業務を担うメンバーたちが、非営利活動を可能とする「生計を立てる仕事」に就いている

  • 精子受取りを近日に控えた方へのご対応を、他のお問い合わせよりも優先している

    • ​受取間近の方や飛行機でお越しになっている方へ、「優先対応中」とお伝えしております。

  • 依頼側と提供側の同意後に、精子受取りを辞退なさる方が1割に満たない。(2018年時点)

    • また、辞退なさる理由は海外転勤など依頼側の事情によることが多いです。

    • 一方、産婦人科の統計に基づいて「残念ながら、そのご年齢でこれ以上シリンジ法を続けても妊娠見込みはありません」とお伝えすることもあります。つまり、提供側からやむなく辞退することがあります。

    • すると、仲介役でもある窓口返信のペースは速くなります。精子受取り者を、新たに受け入れられるようにもなります。

 ゆとりある送受信となるよう、早めにお問い合わせください。

​ なお、面談当日を含めて、依頼側・提供側ともに同意したのちに精子を受け取ることは、必ずできています。

 ご安心ください。

.

精子提供なら紡ぎだせる

物語

 

精子提供なら精子バンク機関|東京 関東 日本 |ボランティア

せいしていきょうなら せいしばんくきかん| 個人個人 タイミング法しない

 
詳細はお問い合わせください

 メールアドレスを誤ると、別バンクへの送信となってしまいます。ご注意ください。

 精子バンク機関のメールアドレスは、「ご依頼とお問い合わせ」ページにある2つのみです。

​ 窓口で得られる助言の信頼性については、次のページをご覧ください。​

 「今後の 問合せ数、精子提供者一人当たりの精子提供数・妊娠数・出産数を記録

Copyright© 2016

公益・非営利団体 精子バンク機関, All Rights Reserved.

窓口担当のブログ

​ ​ご紹介できるドナー例として、​機関公式ツイッターと連携して、ブログ記事をツイートしております。

 ブログ記事には、「日本の精子提供者と精子バンク 一覧(リンク集)」もあります。

 相談・面談にご不安をお持ちの方は、ブログもご一読ください

 無償であることや、安全性・信頼性をご判断する一助となります。

 スマートフォンからご覧の方へ

 次ページへの切り替えは、最上部右側のメニューボタン🈪を指先で短く触れてください。