精子バンク,精子提供|せいしばんく,せいしていきょう|日本,全国|関東|茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川|静岡,山梨,長野,岐阜,富山,石川,新潟,福島,山形,宮城|タイミング法しない,ボランティア

 

サービスとケア

 

 精子バンク機関は、登録ドナーによる無償精子提供を目的とした、公益・非営利団体です。

 したがって、手数料やもうけなどを含まない費用である、実費のみお支払いをお願いしております。

 
 精子バンク機関ご利用の初めから終わりまで、実費以外の謝礼を求めることはありません。

 また、成功報酬も求めることはありません。

 精子バンク機関のドナー個人個人も、もちろん無償で精子提供しております。

 安心して、日本での精子提供をご利用ください。

ご依頼費用とご同意

 必要な費用は、手数料やもうけなどを含まない費用である、実費のみです。

 なお、精子自体は無料とします。また、謝礼なども求めておりません。ご安心ください。

 そのうえ、かなり遠方の方でなければ、その実費も極めて少ないです。

 では、主な内訳をご説明します。

必須: 交通費・医療器具費・検査費 
 交通費は、次の実費です。

  • JR・私鉄

  • バス・タクシー

  • 船舶・航空機

 基本的に、東京都とその近辺をご提供範囲としています。

ご面談・ご提供に際して、ドナー交通費をお願いしております。

なお、面談・提供前に交通費を必ずお伝えしております。

医療器具費は、次の実費です。

  • 減菌処理された注射器(シリンジ)

  • 採精容器

  • 速乾性手指消毒剤

検査費は、次の積立費です。

  • 血液型検査

  • 各種感染症の検査

  • 精液検査

  • 遺伝子検査 

任意1: 面談場所費
ご希望があれば、面談をさせていただきます。

そのため、面談場所が有料の場合は、費用をご負担頂いています。

とはいえ、駅前等で待ち合わせをした上で、次の場所で面談いただくことがほとんどです。​

  • 駅周辺のカフェや喫茶店

  • ホテルロビー内の喫茶スペース等

 したがって、その場所代のご負担はありません。

 また、提供者への飲食代もご不要です。

 待ち合わせは、周りに人がいる公共場所です。

 これによって、プライベートなお話に向けて、女性1人でも安心してお越しになれます。

任意2: 個別のご要望費
 個別のご要望によりドナーが支払った費用は、実費をご負担いただいております。

 主な例は、ご希望で再検査した精液検査費用や性感染症検査費用となります。

 これ以外にもご希望で必要になった費用は、ご依頼者様とご相談した上で、実費をご負担頂いています。

 ご提供中の方に限り、ご希望があれば国が定めた安全性・有効性などの基準を満たした、妊活サプリをご活用ください。

 その際は、精子バンク機関は品名の案内のみ行い、販売することはございません。

 これによって、衛生面・金銭面でのご不安を招かぬようにしております。

合計費用

 1回のご提供につき、合計費は次のとおりです。

  • 必須費用: 

    • ドナー交通費―ほとんどの方は、公共電車代のみ

    • +医療器具費 500円

    • +各積立費 (サプリメント500円 +定期検査1,250円 +各種予防接種500円 +保険機能食品500円 +妊娠活動のメール配信250円)

  • 任意費用1: 面談場所費(喫茶店であれば無料)

  • 任意費用2: ご要望なければ無料

 つまり、ドナー交通費及び3,500円でご提供可能です。

ドナー側が負担している費用

 ドナーを含む機関側にはその他費用が、毎月生じております。

 例えば、次のものです。

  • 国の基準を過不足なく満たす 各栄養素のサプリメント費

    • サプリなしで十分良質な精液のドナーであっても、同日提供すると精子数は少なくなります。

    • その対処として、サプリを用いることで、各依頼者様に十分な精子数でお渡しできます。

    • また、体外受精を控えたドナーは、医師によって推奨されている特定のサプリを飲んでおります。

    • 例えば、体外受精の場合、各サプリの合計で毎月2,800円が生じております。

      • ​市販品には、極端に安いサプリがあります。その多くは、医学論文と専門医や専門家へのインタビューに基づくと、単品での効果が立証されておりません。

      • このことを踏まえ、当団体では検証された研究成果に基づいて、効果あるサプリメントを慎重に選定しております。言い換えれば「安物買いの銭失い」とならぬよう、気を付けております。

      • 面談では、各サプリのパッケージと共に、なぜその一品を選んでいるのかもご説明しております。

  • セキュリティ等の システム運用費

  • 医師や弁護士など国家資格者との 相談委託費

  • 依頼者様と精子バンク機関をつなぐ一助となる 広告費

 

 ドナー登録のある月においては、次の費用が生じます。

  • 遺伝子検査費

    • 遺伝診療は多くの場合、保険が適用されず自費診療扱いです。

    • したがって、施設ごとに設定された料金体系によって、その実費も定まります。

  • 性格検査費

 

 以上は、実費に含めるかどうかを検討しています。(2018年11月1日 時点)

ワクチン費について

 ワクチン費は、上記試算に含めておりません。

 なぜなら、毎月生じるわけではないからです。

 参考までに、各種ワクチンの費用を記します。

  • インフルエンザ

    • 3,000~5,000円: 1回約3,000~5,000円(施設により異なります)×接種回数は全1回=3,000~5,000円

  • B型肝炎

    • ​15,000~24,000円: 1回約5,000~8,000円(施設により異なります)×全3回=15,000~24,000円

  • HPV(ヒトパピローマウイルス)

    • ​30,000~60,000円: 1回約1-2万円(施設により異なります)×全3回=3~6万円

  • 麻疹(ましん)及び風疹(ふうしん)

    • 16,000~20,000円: 8000~10000円(施設により異なります)×全2回=16,000~20,000円 

  • 流行性耳下腺炎(おたふく風邪)

    • 6,000~16,000円: ​1回 約3000~8000円(施設により異なります)×全2回=6,000~16,000円

 

保健機能食品費について

 各種の保健機能食品の費用も、試算には含めておりません。

 なぜなら、精液の質を高めることを目的とした食品は、提供者ごとに異なるからです。

 一例として、精液検査値を精子バンク機関ホームページに公開している提供者の場合で、記します。

  • 各種の保健機能食品の費用 

    • 特定保健用食品

      • ​保健機能食品の一種です。体の生理学的機能などに影響を与える保健機能成分を含みます。血圧、血中のコレステロールを正常値に保つのを助けるなど、特定の効能が認められます。その効能を表示することを消費者庁から許可された食品です。商品には、特定の効能が期待できる旨の文言と、「消費者庁許可特定保健用食品」などの証票が表示されます。いわゆる、特保 (とくほ)です 。 (参考資料―大辞泉)​

      • 毎月 200円×8本= 1,600円

    • 栄養機能食品

      • 保健機能食品の一種です。高齢化や食生活の乱れなどで不足しがちなビタミン・カルシウムなどの栄養成分の補給・補完のために利用する食品です。販売するためには、厚生労働省の定めた基準を満たし、かつ、決められた栄養成分の栄養機能表示と注意喚起表示が必要となります。 (参考―同上)​

      • ​毎月 1,800円×1ケース+3,000円×2ケース= 7,800円

    • 機能性表示食品

      • 保健機能食品の一種です。事業者が、一定の科学的根拠を基に、販売前に消費者庁長官に届け出します。そして、事業者自らの責任において、健康の維持や増進に役立つといった機能性を表示した食品です。 (参考―同上)

      • 毎月 3,100円×1ケース= 3,100円 

 以上の合計 1,600+7,800+3,100 = 毎月9,600円​​

​仮に、受益者である依頼側負担へ含めたら

 以上の機関側負担の実費を、受益者である依頼側負担へ含めるとしたら、試算で次のようになります。

 ご提供1回につき、少なくとも「ドナー交通費+約6,800円」となります。

 ただし、毎月生じるわけではない次の費用は、除いています。

  • セキュリティソフト導入費

  • 遺伝子検査費

  • 性格検査費

  • ワクチン費

 なお、上記の試算は、2018年9月の精子提供に要した費用と、提供数に基づいたものです。

 ただし、サプリ費のみは2019年8月時点の費用です。

 この試算は、一か月ごとの提供数や各泌尿器科の精液検査費などにより変動します。

依頼側負担へ移す際は、必ず事前お知らせ

 機関側が現在負担している実費を、受益者である依頼側負担へ移す際は、必ず事前にこのホームページでお知らせいたします。

 事前のお知らせなく、ご負担いただく実費を引き上げることはありません。

 今は、機関側で「サービスの質を下げずに、費用を減らすこと」へ力を尽くしております。

​ ご心配は、不要です。

受益者である依頼側負担へ含めた事例

 参考として、過去に機関側が負担していた実費を、受益者である依頼側負担へ含めた事例を、箇条書きにします。

  • 2019年2月——各種ワクチンの積立費 500円/(精子提供1回)

  • 2019年6月——各栄養素のサプリメント積立費 500円/(精子提供1回)

  • 2019年10月——お子さんの重い障害や病気予防につながる精子栄養、保健機能食品積立費 500円/(精子提供1回)

  • 2019年10月——大学院推薦入学者のレポートスキルによる、妊娠活動の情報配信 250円/(精子提供1回)

    • 大学190万円・大学院190万円の各学費で培った、調査・報告スキルです。

    • また、就職後も数か月ごとの研修で、配信者はわかりやすく伝える工夫を重ねています。その講師には、大学教員など各分野の第一人者を迎えています。言い換えれば、勤め先の教育制度が充実しているということです。

    • なお、参考文献には一般書・ウェブ記事も含まれています。一般向けの文献紹介をご希望でしたら、お申し出ください。

  • ​2019年11月——定期の検査積立費

    • クリニックと同じ信頼性、なおかつ日本最多項目の感染症検査 1,000円/(精子提供1回)

    • 男性不妊専門医の的確なアドバイス得られる、精液検査 250円/(精子提供1回)

    • 以上の合計 1,250円/(精子提供1回)

    • なお、各依頼者様からのお受取額合計が定期検査必要額を上回った場合は、各ドナーの毎月活動費不足分へ充てます。

謝礼や報酬はご不要

 現在は、初回のお問い合わせ時にこのページで示している実費で、ご提供いたします。

 というのも、ほとんどの費用は依頼なさる方ごとに算出するには、時間がかかりすぎるからです。

 また、お問い合わせ以降に実費額を変更することもありません。

 第二子以降のご提供費用も同様です。ご安心ください。

 なお、謝礼や報酬はご不要です。

 不妊治療においては、依頼者様が各種検査等で通院され、通院費用や施術費用等がご負担となりがちです。

 ですので、ドナーへ謝礼等をお支払いいただくよりも、その分をご自身の治療費用へ充てていただければ幸いです。

追記―2019年6月

 贈り物のお菓子や食べ物は、ご不要です。

 なぜなら、提供者の栄養管理や歯の健康のためにはかえって悪いからです。

 例えば、顕微授精での妨げが挙げられます。精子DNA損傷率が高くなると、妊娠しても流産危険性が高まります。

 気持ちはありがたいのですが、食品を贈ることはお控えください。

追記―2019年10月

 以上を踏まえても、精子提供者を寄付金で援助なさりたい場合は、依頼側からお申し出ください。

 提供側から寄付を話題にすることは、ありません。

 なお、寄付で援助下さっても次のことには影響しません。

  • 面談での精子提供者による同意

  • 精子受け取りの期間延長

 あらかじめ、ご承知ください。

 頂いたご寄付は、毎月活動費の不足分へ充てさせて頂きます。

 また、主に次のことでより的確に窓口対応するための、書籍購入費へ充てます。

  • 女性・男性の生殖機能向上

  • 多様な依頼立場への個別対応

  • 専門知識を易しく伝えること

シンプルにお考え下さい

 現在お問い合わせした方は、出産まで一貫して「ドナー交通費+3,000円 で1回分のご提供が可能」​です。

ご同意内容

 ご提供を始める前に、窓口に対して次の手続きをしていただきます。

  • 同意文書の提出(必須)

  • 本人確認書類の提示(任意)

 その上で依頼者様とドナーの同意に基づき、ご提供となります。

 書類の提出と提示は、ご依頼者の方々へのご提供を安全に継続する上で大切なことです。

 お手数ですが、ご理解とご協力をお願いします。

 詳しくは、登録ドナーのご紹介後にお渡しする同意書をご参照ください。

 

 その他、法律面で疑問ありましたら、精子バンク機関による弁護士を交えた相談にも、無償で対応しております。

 女性弁護士をお選びになることも、可能です。

 面談以降に、お問い合わせください。

​ご提供

 

 ご提供方法は、以下の通りです。

  • 注射器(シリンジ)を用いたシリンジ法(セルフ人工授精)

  • 病院での人工授精

  • 病院での体外受精・顕微授精 

​ なお、タイミング法は行っておりません。

 また、シリンジ法(セルフ人工授精)のためのバイク便等を利用した宅配は、行っておりません。

 
​サービス内容

既婚ご夫婦への病院利用のお勧め ​

 人工授精の相場は1回あたり10,000円~30,000円です。

 体外受精は、約10~100万円とされております。費用に幅があるのは、排卵・採卵、胚移植でどの方法を選ぶかでも変わるからです。(2016年時点) 妊娠確率は高まるとはいえ高額です。したがって、利用しない選択も可能です。

 なお、医療関係者からの報告で、「周期あたり年齢別妊娠率は、女性の年齢が20歳代の場合は10%。30歳代の場合は7.9%」とあります。年齢が要素となっていることは、心にお留め下さい。

シリンジを用いたシリンジ法も可能

 提供精子による人工授精とシリンジ法(セルフ人工授精)の妊娠率は、一周期あたり15%前後であり大差ありません。ただし、良質な精子を用いた場合の妊娠率です。

既婚夫婦以外の方でも、人工授精・体外受精ができる国内病院へのご案内

 この相談は、提供中の方に限ります。

シリンジ法に際し医療器具を実費提供

 不妊治療病院と同様に滅菌処理された採精専用容器と授精専用シリンダーです。

 採精前には、医療機関と同一の速乾性手指消毒剤により手を消毒しております。

 依頼者様にも医療器具の取り扱い前に手指の消毒をお勧めしております。

 また、容器・シリンダーともに毎回使い捨てとし、病院と同水準の安全性を確保しております。

 なお、洗浄していない精液を子宮に入れると腹膜炎になる恐れがありますので、膣内にとどめてください。

 

無菌にこだわり過ぎることには、意味がない?

 次の理由から、無菌にこだわり過ぎることには意味がないという意見もあります。

  • 精液は、射精に伴い雑菌が混入するから

  • 一方の膣内にも、雑菌がいるから

 しかし、多くの感染症において自分の手を通して口などの粘膜から病原体に感染します

 したがって、精子バンク機関では手を清潔にすることを重視しています。

シリンジ法に際してロッカー渡し​

 お渡し後は早く処置するほうが成功率が高いので、手渡しがお勧めです。

 しかし、待ち合わせ時刻の都合がつかない日は、ロッカー渡しも可能です。

 ロッカー渡しとは、次の手順で精液をお渡しする方法です。

  1. JR駅によくある暗証番号使用のロッカーに、ドナーが精液を入れる。

  2. 位置と暗証番号を、メールでお知らせする。

  3. 依頼者様が、一人でお受け取りになる。

 ただし、ドナーと面談していない方にはご対応致しかねます。

​ケア内容

 ケア内容は、面談前にお伝えします。

 不妊治療におけるピアカウンセリングとお考えください。

 ケアが不要であれば、そのことを窓口へお申し付けください。

精子バンク,精子提供|せいしばんく,せいしていきょう|日本,全国|関東|茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川|静岡,山梨,長野,岐阜,富山,石川,新潟,福島,山形,宮城|タイミング法しない,ボランティア
 
​めでたくご出産された方々へ

 配偶子提供による家族の在り方や子育てなどについて、一緒に話し合いませんか?

 精子バンク機関では、ドナーに対し母子手帳などの証明書類を提示された方へ、話し合いの場をご紹介しております。

 詳しくは、ご出産後にお問い合わせ下さい。

精子バンク,精子提供|せいしばんく,せいしていきょう|日本,全国|関東|茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川|静岡,山梨,長野,岐阜,富山,石川,新潟,福島,山形,宮城|タイミング法しない,ボランティア
 
​精子バンク機関での精子提供を終えて|出産 子育て 家族のこと

 産むことはゴールではありません。

 それは、守り・育むことの始まりです。

 子の福祉という、簡単ではないけれど大切な話も含めて、私たちとともに歩みを進めてみませんか?

 ご出産後のご連絡、心よりお待ちしております。

 

精子提供なら精子バンク機関|東京 関東 日本 |ボランティア

せいしていきょうなら せいしばんくきかん| 個人個人 タイミング法しない

 
詳細はお問い合わせください

 メールアドレスを誤ると、別バンクへの送信となってしまいます。ご注意ください。

 精子バンク機関のメールアドレスは、「ご依頼とお問い合わせ」ページにある2つのみです。

​ 窓口で得られる助言の信頼性については、次のページをご覧ください。​

 「今後の 問合せ数、精子提供者一人当たりの精子提供数・妊娠数・出産数を記録

Copyright© 2016

公益・非営利団体 精子バンク機関, All Rights Reserved.

窓口担当のブログ

​ ​ご紹介できるドナー例として、​機関公式ツイッターと連携して、ブログ記事をツイートしております。

 ブログ記事には、「日本の精子提供者と精子バンク 一覧(リンク集)」もあります。

 相談・面談にご不安をお持ちの方は、ブログもご一読ください

 無償であることや、安全性・信頼性をご判断する一助となります。

 スマートフォンからご覧の方へ

 次ページへの切り替えは、最上部右側のメニューボタン🈪を指先で短く触れてください。